HOME > アドサインの看板製作 > 文字看板製作

文字看板製作

金属板(ステンレス板/アルミ板/亜鉛引鉄板)や樹脂板(アクリル板/ABS樹脂/発泡材=カルプ)を、ロゴ・マークなど文字の形に切り抜いたり、立体に加工して看板にします。「チャンネル文字」「ピット文字」「箱文字」と呼ばれます。照明を組み合わせることによって存在感UPの効果があります。

小さくこまかい文字の場合、レーザー抜き加工ができない場合があります。事前に原稿をご提示の上お問い合わせください。

文字看板の製作・設置・メンテナンスはアド・サイン株式会社にお任せ下さい。

文字看板施工例

ステンレス文字

[ステンレス切り文字]ヘアライン

[ロマネBLDG]

・ビルの壁面大理石へスタッドビス付け

[ステンレス切り文字]

[成和リニューアルワークス]

・受付の背面パネルへ取付

[ステンレス切り文字]

[栗原ビル]

・ステンレスヘアライン 5ミリ厚 浮かせて設置

[ステンレス切り抜き/焼付塗装]

[箱崎川第二公園]

・3ミリ厚ステンレス板をレーザーカット。赤の焼付塗装。英文字H25ミリです。

 

アクリル樹脂/ABS樹脂

[アクリル切り文字]

[インターファーム]

・黒のアクリル 厚さ10ミリ  切り文字です。

 

[ルミレター]

[TOKYO 豚骨 BASE MADE by 博多一風堂]

・樹脂の箱文字内部にLEDを内蔵。文字の側面と裏面が発光するタイプです。

[アクリル文字/店舗表札]

[ilsole]

・アクリル切り文字/正面にシート貼り

[ABS樹脂切文字]

[SHIPS]

・店舗ショーウィンドウのガラス面にABS樹脂の切り文字を貼り付けてあります

[アクリル象嵌]化粧品メーカー/受付

[Guinot]

・LED内照式です。パネルをレーザー抜き〜裏側からアクリル切抜文字をはめこみました。

[アクリル切り文字]通信事業/エントランス

[クアトロメディア]

・アクリル板(黒・赤)切抜文字。

 

カルプ文字

カルプ文字 カルシウムインプラスチックの略。ポリオレフィン樹脂に添加剤を入れた高発砲複合材で、耐候性に優れています。(コーヨーソフトボード、フォーレックスなどはカルプ文字材料の商品名です。旧名称はライオンボードです)

[ホーム・キッチン用品]

[s'Select自由が丘]

・壁面(屋外)に使用。

[エステサロン]

[ポリシー化粧品]

・受付カウンターのサインです。

 

[電材・照明器具 製造販売会社]

[グローバルブリッジジャパン]

・カルプ文字の正面は黒いアクリル板です。

[壁面文字]

[エース工機]

・壁面文字(カルプ)

 

[画廊]

[日動コンテンポラリーアート]

・立上がり(厚み部分)は通常白色になります。

[カルプ文字]運送業/壁面

[東貨流通]

・カルプ文字

 

箱文字/ピット文字(ステンレス/亜鉛引き鉄板)

[ステンレス箱文字]

[コーリョー建販]

・ステンレス(ヘアライン加工)の箱文字です。

[ステンレス箱文字]鋼材加工販売/壁面

[西村鋼業]

・ステンレスの箱文字(表面ゴールドメッキ)

[ステンレス箱文字]

[源氏物語]

・ステンレス(鏡面ミガキ)の箱文字です。

[ピット文字(箱文字)]屋上

[ソントン食品工業]

・ピット文字の正面と裏面にネオンを組み合わせています。キャラクターは正面にアクリル板をはめこんでいます。

[亜鉛引き鉄板箱文字]

[ism八千代緑ヶ丘]

・亜鉛引鉄板箱加工+フィルムシート貼りです。

[ステンレス箱文字]

[ミクロン電気]

・ステンレス箱文字にフィルムシートを全面に貼ってあります

文字看板のメリット

文字看板は、材料を文字の形に切り抜き加工した、厚みのある立体的な看板。箱形文字の内部にネオン管やLEDモジュールを組み込み、内照式にすることもあります。その重厚感・高級感から、社名板・ビル名看板や入口上部、受付付近に使用されることが多く、額縁をつければ会社名・ビル名・店舗名などを表示する高級銘板になります。(ステンレス表面仕上げの方法は、ヘアライン加工・鏡面ミラー加工・焼付塗装などがあります。)スポットライトや内部照明を併用することにより、文字自体により立体感が出ます。

前のページへページ上部へ

アド・サイン株式会社